「脳」を使って満足、納得、幸せに生きよう!

読脳マグ

私がこのコースを受講する意味・理由【読脳アカデミー受講にあたり】

投稿日:2019年8月25日 更新日:

読脳アカデミー・CWインターナショナルスクール
「自分研究-自己探求コース」受講にあたっての小論文を紹介します。
MSさん 55歳 男性 神奈川県  会社員 2019年8月受講開始

1年程前からスクールを受講し、伊東先生の講義に没頭し現在に至っています。

▶MSさんのQOLコース受講(2018年6月)の小論文

MSさんの自己探求コース受講(2019年1月)の小論文

最初の頃は伊東先生のお話も半分は理解できてるつもり・半分は何となくわかるといった感じでしたが、回数を重ねるうちに色んな情報が脳に入ってくるようになり勝手に頭の中で色んな点と点がつながり線となっていきました。
1年経過してくると同じような話を聞いても理解度が以前とは全く違っており、やっと意味がわかってきたように感じます。
今まで50年以上生きて来て、初めて気づき始めています。
人生で色んな経験をしてきたつもりが、1年間でこんなにも考え方が変わるのか、気が付くものなのかと驚いています。
このスクールに参加することになったのは父の病気がきっかけでした。
その後父は2か月程度で他界し葬儀の後、続いて母の「がん」がみつかりました。
当時そのような状況でもスクールを休むことなく毎回通っておりました。
病院では専門医から手術と抗がん剤をしつこく進められましたが、母とよく話し合い手術・薬に頼らず自分達で治していこうと決めて断り続けました。
このとき不思議と不安はなく病院で手術・投薬治療しなくても自分たちで治せるという確信のようなものがありました。
それまで母とはお互い価値観が異なり、いつも言い合いすることが多かったのですが、当時はスクールで聞いてきた話や考え方を母にすると素直に理解してくれました。
私も変わりましたが母も価値観が変わってきたと思います。
母は80歳を過ぎておりますが、その後食事は本当に体に良いものだけを食し、やりたいことだけをやりながら生活しておりますが、人生で今が一番健康です。

このコースが存在する意味・受講する理由が私にはあります。
・自分は何者であるか
・自分の役割は何か
・自分が生まれてきた意味と理由(目的)
・現世で何をすればよいのか

それらを見つけ出すために受講しています。
生きていると自分の外(環境)から色んな影響を受けます。
そのたびにストレスや病気・けが等に振り回されていました。
今起きている現象の原因は確かに外にあるかもしれませんが、解決方法は自分の中にあるということがわかってきました。
つまり答えは外にあるのではなく、自分の中にある。
それを確認する手段として読脳が役立つのだと思っています。
受講するコースには種類がありますが、私は自分研究・自己探求というコースが偶然あるのではなく、自分が参加する為に存在しているんだという認識で受講しています。
これからもよろしくお願いします。

 

読脳アカデミー

読脳アカデミー・CWインターナショナルスクールは、知識やHowto、技術を一方的に指導するスクールではありません。
自分で自分の脳の情報を読み出し、満足、納得、幸せに生きていけるようになることを目的としているスクールです。
そのためには、自分の目的をしっかりと持ち、マニュアル思考を抜け出し、自分で主体的に探究していく力をつけることが必要です。
その一歩として、入学時に目的や将来の展望、人生等をテーマに、小論文を提出いただいています。
読脳を学びたいという方の参考になると思いますので、了承を得て掲載しています。

 

 

Copyright© 読脳マグ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.