「脳」を使って満足、納得、幸せに生きよう!

読脳マグ

腕が上がった

衝撃!髪をわずかにカットしただけで痛みはとれ、肩が上がった!

投稿日:2018年5月28日 更新日:

京都市伏見区の美容院ゼロ・インターナショナルのオーナー三島さんは、高齢化により身体のいろいろな問題を抱えているお客様が増えたことや、ご自身の体の不調もあり、ヘアカットセラピーで本当に良くできるのかを自分の目で確かめたいと、デモンストレーションを申し込まれました。

01 

<体験1> 二年前から何をやっても良くならなかった右肩の痛みがなくなって、腕が挙がった!

オーナーの三島さんは、2年前頃から右肩の痛みと痺れで悩んでいて、整形外科や接骨院に通い、NASAが開発したという治療機器も試したけれど、全く良くならなかったそうです。

02この日も右肩の痛みで、腕はここまでしか挙がりませんでした。

1.原因を読脳する

講師の伊東先生が、右肩の症状の原因を読脳しました。
032.読脳で肺の左側のトラブルが見つかる

右肩の症状の原因は、肺の左側のトラブルでした。

3.タッチ検査で確認

肺の左側周辺をタッチしてもらい、右腕を挙げると
「あっ、挙がる!!」

04

なぜ、右腕が挙がるようになったのか?
症状に関連している部位に触ると一時的に症状が改善するというシステムを人は持っています。
肺の左側にタッチして右肩の症状が良くなったということは、肺の左側がなんらかの関わりがあるということです。
このように、体にタッチして症状に関連している部位を確認する検査をタッチ検査といいます。

4.肺の左側のトラブルの原因を読脳する

次に、肺の左側のトラブルの原因は何かを伊東先生は読脳し、重力バランス軸のトラブルであることを読み出しました。

jibundenaosu4『自分で治すシリーズ4 体内警報を知って自分で治す!』 重力バランス軸とは?

人が地球上で、自由自在にさまざまな姿勢をとりながら生活を営むことができるのは、さまざまな姿勢の軸が地球の軸(地球の中心をつらぬく軸=重力軸)に重なっているからです。
当会はこの軸を「重力バランス軸」と言っています。
重力バランス軸は、脳で地球の軸と体の軸とのバランスをコントロールするシステムです。
地球の軸と体の軸が一致している時は、トラブルは発生しませんが、ずれると異常が発生します。
※重力バランス軸については書籍で詳しく説明しています。

05どの方向に体を傾けると体の軸が地球の軸に重なるのか読脳し、その方向に傾け、腕を挙げてみると…。
三島さん「あっ、挙がる!!」

06しかし、体を傾け続けて生活するわけにはいけません。

どうすればいいのか?

体を傾けた時と同じ状態になるような刺激を脳に届ければいいのです。
それは、ヘアカットで届けることができるのです!!

07

どの髪をどのくらいカットすれば、必要な情報が脳に届くのかを読脳し、見学で参加していた美容師のKさんにカットしていただきました。

さてその結果は…?

08

三島さん「全然軽い!!」

今まで挙がらなかった右腕が、カットしただけで、簡単に挙がるようになりました。
体の不思議を体験した三島さん、読脳という脳の情報を読み出す技術に驚いていました。
ヘアカットセラピーの可能性は計り知れません。

 

<体験2>頸椎狭窄症(けいついきょうさくしょう)、手術後の手の痺れや冷え

続いて常連のYさんの体験です。

2年ほど前に頸椎狭窄症の手術をしましたが、手のしびれも、冷えも良くならず、手術をしたことを本当に後悔しているそうです。

今の医療に対して疑問を持っているとのこと、ヘアカットセラピーはそんな現代医学・現代医療で良くならない、難治な病気・症状に対して効果を発揮します。
09

1.原因を読脳する

伊東先生が原因を読脳すると…。

2.右側の腎臓のトラブルが見つかる

読脳で見つかったのは頸椎の問題ではなく、右側の腎臓のトラブルでした。
右側の腎臓のトラブルが右肩の症状に関係していたのです。
そしてそのトラブルの原因を読脳すると…。

3.重力バランス軸のずれが見つかる

右側の腎臓のトラブルの原因は、三島さんと同じく重力バランス軸のずれでした。
手術をしても良くならないYさんの手の痺れや冷えは重力バランス軸のずれが原因だったのです。
つまり、医学とはまったく関係がなかったのです。
にもかかわらず病院へ行くことで、診断され、投薬や処置を受ける。
だけど、ちっとも良くならない、なぜ?

そんな疑問や納得できない思いを抱えている人はたくさんいます。
Yさんもその一人、その疑問を読脳で解決できるでしょうか!

10

伊東先生が、重力バランス軸が正される方向を読脳しました。
Yさんの場合、右5度前方でした。体を傾け、症状をチェックすると・・・。

11

手のしびれもなくなって、冷えも良くなりました。
Yさんも納得です。
そして、体を右前5度に傾けたときと同じ情報を脳に届けることのできる髪を読脳し、カットしました。手のしびれも、冷えも良くなりました!
手のしびれや、冷えの原因は頸椎狭窄症ではなかったのです。それは、右側の腎臓のトラブル、そして重力バランス軸のずれだったのです。病気や症状はけっして医学で考えられているような原因で起こっていないということをYさんも、参加者も実感されました。

医学でも治療でもない、まったく新しい理論と技術のヘアカットセラピー。
理・美容界に広がれば、それは新しい文化になっていくと思います。

こちらから収録DVDを購入頂けます。ぜひ、実際の様子をご覧下さい!

(2016/4/11)


参加者の感想

■□■滋賀県 美容師Kさん■□■

美容師Kさん「パーキンソン病の人が良くなった動画を見たのですけど、勉強したら自分もできるようになる可能性はありますか?」

伊東先生「ありますよ!あなたも髪の毛をカットするだけで、病気・症状を良くすることができたとしたら、それはどれぐらいの価値があります?」

美容師Kさん「病院や治療院に行くことを考えたら、普通のカットの10倍以上の価値がありますよ。習得したいです!!」

■□■ゼロ・インターナショナルオーナー 美容師 三島さん■□■

伊東先生「三島さんどうでしたか?」

三島さん「狐につままれた様な感じですけど、実際に自分の体の状態が良くなったから、勉強してみたいです!もっとたくさんの人に、このヘアカットセラピーの可能性を伝えていきたいです!!」

■□■後日、感想文を三島さんからいただきました■□■

2年前より右肩の痛みで腕が上がらなくなり、整形外科や接骨院でもまったく良くならず困っていた所にヘアカットセラピーの案内が届きました。正直なところ怪しいと思いましたが、自分が体験し効果が出れば本物だと思える。そう考え、お店で講演体験会を行なってもらいました。結果、髪をわずかにカットしただけで痛みはとれ、肩が上がるようになりました。衝撃的でした。今後はセミナーに参加し、極めたいと思っています。

 

(この記事は2016年7月28日に作成したものです。)

Copyright© 読脳マグ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.